銀行のキャッシングで過払いはあり得るのか?

民間の消費者金融などでキャッシングを行った場合、法定金利の上限を超えた利子の返済をしていれば、払い過ぎた利息分を返還請求することができます。弁護士などに相談して過払い金返還請求を行った結果、数十万円単位で取り戻すことができたと言う人も数多く存在します。

そこで気になるのが、銀行系のカードローンなどでキャッシングをしていた場合です。
同じように返還請求ができるのかと期待する人もいるでしょうが、現実的にはまず不可能だと考えておきましょう。基本的に返還金が発生するのは、利息制限法と出資法どちらの金利を適用するかがあいまいだった時代により高い金利を適用しようとした民間の消費者金融でよく見られたケースです。銀行のキャッシングは以前から民間の消費者金融と比べるとはるかに低い金利で運営されていたため、そもそも法定金利の上限を超えているケースはほぼあり得ないのです。この結果、銀行のキャッシングを行っていた人が法定の上限を超えるほどの金利をかけられていたことはなく、払戻すべきお金も存在しないということになります。

銀行のキャッシングは、民間と同じ無担保の融資であっても金利が非常に安いため、利用者にとって負担が少なくより気軽に借りることができるものです。もちろんその分お金借りる審査が厳しかったり時間がかかるというデメリットもあるので、キャッシングを希望する場合にはこういったメリットとデメリットをよく検討して決めるようにしましょう。